Hafen(ハーフェン)名前の由来

Hafen(ハーフェン)という言葉は、ドイツ語で“港”を意味します。

たくさんの国の船が停泊し、荷物を積み降ろしたり、次の航海のための補給や修繕をしている千葉港を臨むこの地で、「私達も、傷ついた心身を癒やし、新たな航路に向け出港する人達の“こころの港”でありたい」と、この名前をつけました。

幾久しくご愛顧いただけましたら幸いです。

新しいタイプの入院治療を提供

食堂 準特別室

Hafen(ハーフェン)は開放病棟です。

生活や仕事、学業、人間関係などでつまずき、疲労し、ストレスを抱えてしまった方々が、一時的に日常から離れ、困難をみつめ、環境と行動を整え、ストレスに挑戦する力を回復するための治療の場です。

また、減薬プロトコールや行動療法を駆使して、お薬のダイエットや最適化も行います。

Hafenのご紹介
hafenの様子

・学業復帰したい方
・復職準備を始めたい方
・減薬したい方
・産後のメンタル不調を抱えている方
・育児や介護に疲れている方
・その他ストレスを抱えた状態にあり、リフレッシュが必要な方
※自由で穏やかな療養環境を提供するため、病棟の約束事項をお守りいただける方
(状態によって別の治療法をお勧めすることもございます)

新病棟Hafen(ハーフェン)の病棟プログラムは、回復の過程を「休息期・回復期・リハビリ期」と段階的にとらえ、それぞれの方の状況に応じて以下のような集団療法をご提供いたします。

臨床心理士Presents

心理療法プログラム

作業療法士Presents

心理療法プログラム

復職準備入院コース ~Lebendig(レーベンディッヒ)~ *事前予約制

現在うつ病などで休職中の方で「そろそろ復職に向けて動き始めたい」「リワークに通いたいが、もう一歩手前のステップが欲しい」等、考えていらっしゃる方を中心にご利用いただけるコースです。まず入院を通して無理なく生活リズムを整え、復職に向けた「心とからだの調整」をサポートいたします。

心理療法プログラム Hafenのご紹介

産後ママとパパのこころのケア Meer(メーア)

産後・育児期のこころの悩みを抱えるママと、家族を支えるパパのための、入院サポートプログラムです。
産後・育児という大きな変化の波を共にのりきるよう支援いたします。

Meer(メーア)

連絡先

Hafen(ハーフェン)の入院治療について、さらにお知りになりたい場合は、当院の精神保健相談をご利用下さい。また、予約外来に申し込んでいただいても結構です。

外来予約、相談予約はお電話にて承ります。 月曜日から土曜日 午後1時〜4時までにご連絡願います。電話:043−227−0547

Copyright(c) 医療法人学而会 All rights reserved.